『別の人の彼女になったよ』はただのラブソングではない。

wacciの新曲は、「別の人の彼女になったよ」の一言で始まる。 誰でも共感できる歌詞は、結局のところ、多くの人間に刺さるのだ。

11

別の人の彼女になったよ

彼女自身、自分が背伸びしていることを感じているからこそ、独り言のようにして元彼に想いを馳せてしまうのだ。

3

wacci 別の人の彼女になったよ

元彼も〈私〉のように別の人の彼氏になって、大人になれたんでしょうか。 事実は小説より奇なりとはよく言ったものである。

5

「別の人の彼女になったよ」と言い続ける真意とは……? トップ作詞家が絶賛した歌詞

そして、もう悲しい思いをしないよう、早く新しい人を見つけて欲しいと切に願っている。 何げない写真から勝手に物語が立ち上がってくる感じがないだろうか。 ところがどっこい、を見ていたら天啓のように降りてきたのです。

13

『別の人の彼女になったよ』がどうしてもキモかった話|うんぱく|note

すてきだ。 初めて感情移入ができて動揺した話 さて、時は過ぎて約半月後、でwacciの本人歌唱バージョンを聴くことになります。 彼は、他にもスーパーで初めて目にしたシャープペンシルのことを「削らないでいい無限の鉛筆」、ボールペンのことを「消しゴムに勝つペン」など、かなり独特な名前で呼んでいた。

back number ハッピーエンド 歌詞

この後、〈私〉は元彼への思いを断ち切れたんでしょうか。 そのセンス。

10

別の人の彼女になったよ

すっぴんでゲラゲラ笑いたいし、愚痴も言いたいし、自分をさらけ出したい。 居酒屋で串焼きをつまみながら彼の今の仕事の悩みをひとしきり聞かされた後、「そういえば、こないだ飲み屋で隣に座った外国人グループが注文で困ってたんで、ちょっと助けてあげたんすよ。 そんな愛理さんが歌う『別の人の彼女になったよ』。