日本ろう者のスポーツ歴史 ~差別との闘い~:第1部

1 世界ろう者選手権大会及びデフリンピックの調整、指揮を行う権利を持つ唯一の国際組織として、これらを行う。 内容に関するが必要です。 利子は、最初の残高を元に計算する。

デフスポーツ団体サイト

6 ICSDが認める競技について、次のことを承認し、必要に応じて協力を行う: 2. 1947年(昭和22年) 全日本ろうあ連盟が発足。 3 事務局長は、執行委員会が検討した上で評議員会の勧告により、登録会員名簿からその会員を除名することで会員権を抹消する。

17

日本ろう者のスポーツ歴史 ~差別との闘い~:第1部

3 ICSDのためになされた貢献あるいはかかった費用の応分の報酬を支払う以外は、いかなる人に対してもこの資金は一部たりとも直接的もしくは間接的に与えられることはない。 2 ろう者の国際的スポーツコミュニティのなかでスポーツ訓練や試合の発展を目指すこと。 6 執行委員会のメンバーは世界ろう者夏季競技大会前に開催される評議員会からの4年間が任期となる。

14

日本ろう者のスポーツ歴史 ~差別との闘い~:第1部

その他の費用はすべて発生した時点から60日以内に支払うこと。 2 献金、寄付、後援団体よりの助成、政府助成など、ICSDもしくはICSDに関連する目的の使用のための収入。

ろう者

1982年(昭和57年)4月24日 日本高校野球連盟、沖縄県立北城ろう学校の加盟を正式決定。 会員の種類 本団体には4種類の会員が所属する:正会員、地域連盟、準会員、及び終身名誉会員 4. 1965年(昭和40年)6月27日~7月3日 第10回国際ろう者競技大会(アメリカ・ワシントン)に日本が初参加。

国際ろう者スポーツ委員会:ICSD憲章

1 すべての世界選手権大会、ICSD公認の大会、その他ICSDの認可する公式試合への出場権。

19

デフスポーツ団体サイト

(小石川・官立東京聾唖学校)• 選手7名・役員4名の選手団。 その過程では、木村らも当初の極めて急進的で排他的な主張をややトーンダウンさせたと言われている。

19

ろう者

2 地域連盟に対する全ての未収料金、課徴金、負債を支払い、地域連盟が受領していること 6. 用 語 意 味 準会員 本条規で言及される権利と義務を持つICSD会員 選手 良耳の失調が55dB以上のスポーツ競技参加者 CISS 国際ろう者スポーツ委員会(ICSDのフランス語名の頭文字) 評議員会 本条規で定めるすべての正会員、準会員の会議 ろう者 聴覚に障害を有する者 ろう者のスポーツ ろう者が参加するスポーツ競技 世界ろう者選手権大会 一種目の競技大会 執行委員 本条規で定めるICSD執行委員会の構成員 創始会員 創立大会に出席した正会員国 正会員 本条規で示す権利と義務を持つICSD会員 終身名誉会員 本条規で定めるICSD会員 ISCD認可競技 ICSDが認めた競技で、その組織についてICSDが責務を負わないもの 各国協会 本条規で定めた会員権を持つ国の全国的なろう者スポーツ協会 目的 本条規で示すICSDの目的 地域連盟 地理的にまとめられる10またはそれ以上のグループで、地域連盟を形成しICSDが認可するもの 地域選手権大会 地域連盟に所属するすべての選手に開かれた競技大会 夏季・冬季デフリンピック ICSDによる多種目の競技大会 解釈 本憲章では、文脈に矛盾がなければ次の通りある: 単数形の言葉は複数にも適用され、逆に複数形で用いられる言葉は単数にも適用される。

10

国際ろう者スポーツ委員会:ICSD憲章

要請が出された日から3か月以内でなければならない。

5