ホンダが今秋フルモデルチェンジを実施する新型「N

2020年秋に2代目へとフルモデルチェンジすることが予告されていますが、ユーザー的には次期型にどのような期待をしているのでしょうか。

19

新型ホンダN

important;text-decoration:none;text-align:center;overflow:hidden;-moz-opacity:. 現行となる初代モデルは、2020年3月ですでに生産を終了し在庫販売のみとなっていますが、前述のとおり間もなく次期型が登場する予定です。 2021年のN-ONEオーナーズカップは、新旧N-ONEの混走となるのか! 自然吸気エンジンには可変バルブコントロール機構のVTECを採用することで、高回転域のNOx、HCを低減している。 現行となる初代モデルは、2020年3月ですでに生産を終了し在庫販売のみとなっていますが、前述のとおり間もなく次期型が登場する予定です。

5

ホンダが今秋フルモデルチェンジを実施する新型「N

また前後ドアノブはブラック塗装仕上げとなるほか、ヘッドライト&テールレンズもブラック基調となり精悍さをアピールする。 そしてN-ONEにこれまでMTが設定されなかったのは、第一世代のNシリーズをベースにしていたからですね」! デザイン面では、10色以上のボディカラーに加え、ボディとルーフを異なる色で塗り分けた2トーンカラースタイル仕様も設定されており、全25種類という多彩なカラーバリエーション展開となっています。

10

新型ホンダN

外側に沿ったリング型のランプが点灯し、昼間の走行時の視認性を高め、ターンランプ使用時はリングがウインカーとして点灯する。 7年に及ぶモデルライフの中で、MTが設定されたことは一度もなく、マイナーチェンジのたびにガッカリさせられたのは筆者だけではあるまい。 外観ではフロントグリルがハニカムメッシュの専用タイプとなり、そのグリル周囲はメッキモールで覆われるほか、運転席側に「RS」のエンブレムを装着。

5

Hondaの新型N

また渋滞追従機能付き(CVT車のみの設定)ACC(アダプティブクルーズコントロール)に、バックでの駐車をサポートする「パーキングセンサーシステム」も標準装備。

1

ホンダの新型「N

今回のフルモデルチェンジでは、2012年の発売以来多くのユーザーから好評を得ているタイムレスなエクステリアデザインを構成する「丸・四角・台形」を基本の形としながら、軽自動車初のLEDデイタイムランニングランプを搭載するなど、N-ONEを象徴するフロントフェイスをより一層磨き上げ、運転の楽しさと安全装備を充実させた3タイプ「Original」「Premium」「RS」を設定。 次期型モデルではどのような変化を遂げるのか N-ONEは、「N-BOX」や「N-WGN」、「N-VAN」と並んで「N」シリーズのひとつとしてラインナップされています。 エクステリアはタイムレスデザイン、中身は第2世代Nシリーズと共通と、表のことだけみると機能的なトピックはあまりないかもしれないが、突っ込んだ話を聞くとやはりというか「N-ONEだから」という工夫や作り込みがあることが分かる。