看護計画におけるOTEとは〜看護計画の理解を深める3つのポイントです〜

数値化できるものだけではなく、患者さんの言動や表情なども評価の対象とします。

9

【臥床時間が長い患者の離床:看護計画】看護学生レポート

稀に、医師や看護師からみてその患者に優先されることと、患者が優先してほしいことがずれてくることがあります。

統合失調症の看護過程・看護計画(OP、TP、EP)のための必要な情報収集とその評価アセスメント、主な看護問題に対する成果目標達成の為の具体策例

進行期癌• なお、うつや認知症の悪化との違いは表6の通りです。

8

op、tp、epでわかる転倒転落の看護計画

また、外出時は必ずニトログリセリンを携帯するよう指導する。 薬の副作用や肝機能の低下など原因が明らかな場合は、まず原因への治療を行います。 離床前に痰絡みがあれば吸引を行う。

構音障害・失語症の看護|観察項目とコミュニケーションに関するケア・指導

排泄状況と方法(排泄の回数やパターン、ポータブル使用の有無など)• D、意識障害のときには診断しない せん妄の除外。 ただしオピオイドには呼吸抑制作用があるため出現に注意します。

5

op、tp、epでわかる転倒転落の看護計画

また、むせやすくなるため、無意識に食事や飲み物の摂取量が減り、脱水症を引き起こす場合もあります。 また、発作を繰り返している患者は心筋梗塞への移行に伴う生命の危機を感じ、予後に対する不安を抱くことがある。 ベッド上仰臥位、他動運動で行う。

18

【臥床時間が長い患者の離床:看護計画】看護学生レポート

食べ物に毒を入れられるという被毒妄想では、拒食的になる場合が多い。 大変な作業ですが、この計画が今後の看護の方針を決定します。 医療者側から見ればリハビリが必要な段階でも、患者は痛みなどの苦痛が強くリハビリに気が進まない=先に痛みをとって欲しい、などの状態があると双方の目標がずれてしまっているわけです。

15