「丁々発止」とは?意味と語源のほか使い方と類語・英語も解説

そして、お酒の大好きな南海先生である。

14

談論風発 (毎日新聞連載「時代の風」/ 山極寿一先生)

「談論風発」すると、様々な意見が出るので勉強にはなりますが、やっぱり長時間となると少し疲れてしまいますね。 琉球独立を目指す研究や運動で活躍。

10

談論風爽

1

談論風発 (毎日新聞連載「時代の風」/ 山極寿一先生)

本書の第一の読後感は、平和共存の世界秩序をどう21世紀において維持・強化できるのかを示唆してくれるいくつもの切り口が読み取れたことだ。 そのため、ビジネスシーンをはじめ、大学の講義や政治的な環境で激しく議論が投じられる際に用いられる表現となります。

20

「丁々発止」とは?意味と語源のほか使い方と類語・英語も解説

双方の説は極端で机上の空論や過去のまぼろしに過ぎない。 戦前にも、現在の京都大学総合博物館の前身である陳列館の地下室に、「和服に下駄(げた)でやってくる教官たちが必ず立ち寄り、そこで談論風発、学問上の諸問題からゴシップの類まで、学生も交えて賑(にぎ)やかで豊かな時間があった」という記録が残っている。 参加費 5・6月の談論風爽onZOOMは新しい試みとして無料で運営します。

9

談論風発 (毎日新聞連載「時代の風」/ 山極寿一先生)

まとめ 「丁々発止(ちょうちょうはっし)」は、 「刀で激しく打ち合い続けること」「激しく議論すること」いを意味する四字熟語です。 ZOOM ID PWDを登録時にお知らせします。

5

談論風発 琉球独立を考える

南太平洋のフランス領の島の先住民族の尊厳への希求は、大国による「自由で開かれたインド太平洋」といった当事者不在のグローバル戦略でかすんでしまっているが、談論では地域専門家佐藤幸男氏がこの島の人々の独立とは、もうかるという経済的理由でなく、何よりも自分たちのアイデンティティーであることを見抜いている。 つまり「言葉や刀で、お互いに激しく向かい、ぶつかり合う姿、またはその様子を表しています。

20