今年の節分の日は2月2日…124年ぶりのレア現象にネット騒然「えっ、どゆこと?」「節分が誕生日だったのに」/ライフ/社会総合/デイリースポーツ online

2日になるのは1897年2月2日以来、124年ぶりの出来事だ。 2021年の節分の日は「2月2日」 その理由は 今年、2021年の節分は「2月2日」。

9

2021年の節分は124年ぶりの2月2日に⁉︎コロナ禍のおすすめの過ごし方&恵方巻きを食べる方角をご紹介!

内容は、国立天文台で推算した翌年の国民の祝日、日曜表、二十四節気および雑節、朔弦望(月の満ち欠け)、東京の日出入、日食・月食など。 今年、節分の日が1日早まることについては「メーカーとしてはそれほど大きな影響はありません」(担当者)。

10

124年ぶり

そして、立春の前日の2月2日が節分になりました。

12

「節分」、今年はなんと124年ぶりに、2月2日なんだって!【今日は何の日】 ¶1月31日|一粒万倍日|米国初の人工衛星「エクスプローラ」1号打ち上げ成功(1958)|日本初の五つ子誕生(1976)|イナ・バウアー誕生日(1941

それは日本の天文学の中核を担う研究機関である国立天文台です。

12

124年ぶりに節分が2月2日へ移動、立春の日が影響(BCN)

そして、2020年がうるう年だったことで、そのままなら、『2月4日23時59分』になるはずだった2021年の立春時刻が『2月3日23時59分』になるのです。

10

今年の節分は124年ぶり2月2日に そのワケは…:朝日新聞デジタル

大量の豆やお菓子が宙に舞うにぎやかなイベントですが、おでかけが難しい今年は、替わりにおうちでピニャータを楽しんでみてはいかがでしょうか。

1

124年ぶりに節分が2月2日へ移動、立春の日が影響(BCN)

地球が太陽の周りをまわるのは365日と6時間弱。 2021年の「節分」の日付が、しばらく続いた2月3日ではなく、2月2日になる。

5