日本の総人口 43万人減 (前年同月比・令和2年12月概算)

すなわち1人当たり配給面積を1. 2 1925 大正14 59,737 2,080,000 1,211,000 869,000 34. 41であるが、47都道府県別の状況をみると、これを上回るのは32県、下回るのは13都道府県であった。

10

統計局ホームページ/人口推計/人口推計(2019年(令和元年)10月1日現在)‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口‐

5, Anthropology 東京大學理學部紀要 第5類, 人類學 Vol. 5 1933 昭和8 66,790 2,104,000 1,182,000 922,000 31. 83 2021年2月1日 16 20000-0 2,098,804 2,030,172 -3. ただし1945年(昭和20年)の人口は、11月1日に実施された人口調査による。

16

統計局ホームページ/人口推計(令和2年(2020年)9月確定値,令和3年(2021年)2月概算値) (2021年2月22日公表)

70年代同様に、合計特殊出生率の低下に伴い出生数が減少し続けたが、依然として死亡数を上回っていた。

20

総人口|年次統計

(平成17年)には同年の労働力人口は6,650万人、ピークは1998年(平成10年)の6,793万人であったが、少子化が続いた場合、2030年には06年と比較して1,070万人の労働力が減少すると予想される。 27倍多い• 4 1939 昭和14 70,930 1,885,957 1,258,514 627,443 26. 3 1910 明治43 49,184 1,782,000 1,071,000 711,000 33. 平均寿命の年次推移をみると、前は50年を下回っていたが、戦後初の(昭和22年)の第8回生命表の平均寿命は男性:50. 41 559,000 684,500 710,400 697,500 781,900 787,500 1,266,100 550,000 790,063 102 18,500. 9%に達する。

6

日本の統計データ

奈良時代~平安時代初期 [ ] 鬼頭宏の725年の推定人口は、鎌田元一 1984年 に依拠している。 00 85,700 82,500 81,700 82,100 68,400 72,300 94,000 340,000 391,000 37 4,884. ファリスの1150年の下限推定人口は、鬼頭宏 1996年 の手法を修正したものである。 International historical statistics: Africa. 15~64歳人口の割合が最も高いのは東京都(65. 00 73,600 102,000 102,000 102,000 81,500 83,300 124,300 n. このデータは、2020年のworldbank. [注意] 数値は表章単位未満の位で四捨五入しているため,合計の数値と内訳の計は必ずしも一致しません。

11

総人口、減少率最大に 生産年齢の割合最低―総務省推計:時事ドットコム

39となった。 なお、(平成23年)の概数値は、出生数が約105万人、合計特殊出生率が1.。

統計局ホームページ/人口推計/人口推計(2019年(令和元年)10月1日現在)‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口‐

39 2012 平成24 1,037,101 1,256,254 -219,153 1. 93歳まで上昇)、国際人口移動については、日本人は2004年から2009年までの入国超過率の平均値を、外国人は1970年以降の入国超過数の平均値として算定する。

5

総人口、減少率最大に 生産年齢の割合最低―総務省推計:時事ドットコム

ファリスの730年の推定人口は澤田吾一と鎌田元一 1984年 の同様の手法に依拠している。

12

日本の人口統計

02 1974 昭和49 110,162 2,029,989 710,510 1,319,479 18. 23 2003 平成15 127,670 1,139,000 1,023,000 116,000 8. 97 2021年1月1日 43 18000-9 786,740 761,360 -3. 7 1921 大正10 56,666 1,991,000 1,289,000 702,000 35. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

16