悔やむと書いてミライ 歌詞「まふまふ」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

主人公にはなんの希望も見えていません。

19

【まふまふ/悔やむと書いてミライ】歌詞の意味を徹底解釈!絶望まみれのギターロック。

しかし自殺を志しているとはいえど、 自らの手で命を絶つ勇気はさすがに無い様子。

9

BIN

楽曲について、まふまふさん自身も 「個人的にとても気に入っています」とコメントしています。 いつか咲くかもしれない花に水を撒くように、騙し騙しこれまで生きてきた。 さらに歌詞中の瘡蓋に触れていきます。

悔やむと書いてミライ/まふまふ 【歌詞中文翻譯】 @ 惰L :: 痞客邦 ::

死にたい 消えたい 以上ない こんな命に期待はしないさ 故に夢に魘され 塞いだ過去に咲いた世界 癒えない 見えない傷ほど きっと瘡蓋だって出来やしないと 僕は知っていた 悔やむと書いてミライ 韻を踏んでリズミカルに流れるサビですが 込められている想いはどれも悲観的なモノばかり。 サビでは、 さらなる彼女の自殺願望がなだれ込むようにつづられています。

18

BIN

そんな心情だからこそ、顧みるのはいつも自分の過去。

3

まふまふ

自殺志願者の視点に立てば、誰だってそう思うのかもしれません。 あえて 「袖口に隠していた生涯」と目線を手元に誘導していることから察するに、自殺の手段はリストカットだったのかもしれません。