【ぜんぶ実名】パナマ文書に出てくる「日本の億万長者」大公開!(週刊現代)

パナマ文書報道は2017年のピュリッツァー賞(解説報道部門)を受賞した。 今回はパナマ文書によって明らかになった分だけで、他にもっと同様の被害があるかもしれない。

14

タックスヘイブンの問題点とは?パナマ文書との関係や解決策を解説

パナマ文書の流出を受けて政府首脳が辞任するのは初となる。 マネーロンダリングの温床に 一番の問題点は、犯罪組織の資金源として利用されているという点。

パナマ文書とは

合法的な節税だけでなく、脱税やマネーロンダリングなどを行うために、租税回避地(法人税や所得税がゼロかそれに近い国や地域)のペーパーカンパニーを使うのは珍しくない。 パナマペーパー問題は、国のトップの常軌を逸した悪行を暴いた世界規模の一大スキャンダルであったと言えます。 6TB(テラバイト)にも及んだパナマ文書を、2015年にドイツの新聞社である「南ドイツ新聞」が匿名の人物から入手して、国際調査報道ジャーナリスト連合と一緒に分析しました。

12

パナマ文書

さらに、実質的な活動をしていなくても認められる場所も多いため名前だけの会社、いわゆるペーパーカンパニーを設立することも可能なのです。 これによって、資産隠しに関与した疑いが浮上しました。 2016年4月に世界一斉に公表された。

11

世界に衝撃を与えた「パナマ文書」わかりやすく解説すると…

「パナマ文書」の中身は、中米・パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」が設立を手がけたペーパーカンパニーなど、21万社分のデータだ。 そのため、浅川元社長は自分の名前を表に出してでも、金を別の場所に移動させようとしたのではないか? 口座に残った1,000万円は、巨額の資金を移動させたあとの端数と考えれば、説明がつくという。 また、亡父からした遺産30万ポンドの中にオフショアのファンドが含まれているか認識していなかったと述べた。

11

「年金消失事件」の新事実も明らかに!日本人が知らない、パナマ文書の本当の破壊力

ペーパーカンパニーとは事業活動の実態がない会社を指す俗語で「幽霊会社(ゴーストカンパニー)」「ダミー会社」とも呼ばれます。 2016年4月4日時点のよりアーカイブ。

1