ジョージ・ソロス氏にとってもコロナ災禍は人生初の危機 |「トランプは自己崩壊」、「習近平は弱体化」、「EUは存続の危機」と現在の世界情勢に対する見解を語る

オープンソサイエティー財団はマケドニアで政府を転覆させる目的で何十もの左翼系NGOを設立していました。 それは面白いことなのですが、株式市場と同じようなものなのです。 中国も同様の批判を行なっている。

14

金融界のドン、ジョージ・ソロスは何者か本当に悪魔で人類の敵なのか。ミネソタ暴動もヤツの仕業なのか?

ロバート・クリーマーの部下であったスコット・フォバルという人物は、ところを隠しカメラで撮影されている : 我々が行なうことの一つは、彼ら自身(トランプ陣営)のイベントで、彼らの目の前で本物の草の根運動の抗議デモを演出するということだ。 東洋経済はアンティファやBLMをソロスが支援しているというのはトランプ信者のデマだと主張しています。

チャートの勾配はリーマン・ショック後とぴったり一致…「ソロスチャート」で再び“超円高”の悪夢:イザ!

(つまりは持続不可能だと言っているのである。 バイデンスキャンダルは米大統領選挙にも影響が出始めている• なぜなら、我々は気候変動やCOVID-19に対するワクチン開発について協力すべきだからだ。

8

新型コロナの大流行は、資本主義の未来にとって何が起きるか分からない「かつてない出来事」 —— ジョージ・ソロス氏

そこから徹夜で岩波文庫を読みふけった。 1兆ユーロの永久債に0. 前記のソロス氏は当然、当然、米国の事情をよく知っているに違いない。 しかしこの話があまりに馬鹿げた話に見えないようにするためにソロス氏はその効能を控えめに語っている。

11

ジョージ・ソロス氏が異例の声明を発表|全米の抗議デモ参加者に暴動を起こすよう資金提供しているという疑惑を否定

アメリカ内戦の陰謀について迫ることにしよう。 2016年6月、ついにトレーディングの「現場復帰」を果たしたソロス氏は、以下の理由から、中国経済の崩壊を確実視している。

2

「空売りの帝王」と言われるのがイルミナティのジョージ・ソロス。アジア通貨危機、ポンド危機、山一証券破綻、ドイツ銀行暴落、コロナショックなど数多くの暴落で巨額の富を得る。

米国最大のキリスト教系大学、リバティー大学のジェリー・ファールウェル・ジュニア総長は今月の放送で、コロナウイルスは北朝鮮の生物兵器だとする疑惑を提起した。

ジョージ・ソロス氏にとってもコロナ災禍は人生初の危機 |「トランプは自己崩壊」、「習近平は弱体化」、「EUは存続の危機」と現在の世界情勢に対する見解を語る

90年代前半にはジョージ・ソロスさんはイギリスのポンドに売りを浴びせます。

9