新型コロナの予言に満ちた小説『ペスト』が示す感染症の終わり|古典にすべてが書かれている。|坂口孝則

日本のみなさんにも、私の本「ラシ占い」でぜひ確認してほしいです。

5

『首都感染』はコロナを予言?新型ウイルスのパニック小説がアマゾンで爆売れ

いや、それは正しくなく、人間というものがずっと変わっていないと教えてくれているのかもしれない。

1

2062年から来た未来人は新型コロナウイルスや東京オリンピックを予言していた?

官僚たちの初期反応は2020年と同じ この作品はアルジェリアの要港で起きる物語だ。

新型コロナの予言に満ちた小説『ペスト』が示す感染症の終わり|古典にすべてが書かれている。|坂口孝則

もちろんクーンツさん自身は予言したつもりなどないわけですが、そこは「何らかの高次の存在がクーンツの筆を借りて…」とか、ファンならいくらでも想像してしまいます。 しかも、ペストや戦争がやってきたとき、人々はいつも同じくらい無用意な状態にあった> カミュの描く官僚たちの、初期段階での反応が興味深い。

インドの少年予言者アナンドくんが警告 今後の新たなパンデミックに要注意か

終結を祝うものはいる。

16

私たちの生活はもう元に戻らない? 予言の書「ペスト」が教えてくれること

1994年『メルトダウン』で 第1回小説現代推理新人賞を受賞。 (4)市民はあまり攻撃的な発言をしないでしょう、それは社会問題や公の問題の対処に力を使っていると寛大で寛容になるからです。 中国・武漢は 『首都感染』の 物語さながらに、一つの都市圏を まるごと封鎖しましたが、 失敗に終わり、感染は世界に 広まりました。

16