【詩】茨木のり子「自分の感受性くらい」がマジしみる ぱさぱさに乾いていく感性を持つビジネスマンへ │ 音楽とビジネスのブログ

最初の連です。 自分にたくさんの友人がいて、良かったなということだ。 「駄目なことの一切を時代のせいにする」というのは、 ありがちな考えだと思いますが、 それがまさか、自分の中にある「わずかに光る尊厳の放棄」 と同値だと、気づくことは難しいと思います。

15

「自分の感受性くらい、自分で守れ。ばかものよ」今こそ読み返したい!茨木のり子の詩の世界|feely(フィーリー)

この力強さ。 私はこの詩をちゃんと読んだのは大学生の頃だったと思う。

2

『自分の感受性くらい』

) このようにこの詩は細部まで「人間に対する信頼と愛情」を持って読者を批判してくれる。 なぜなら、「見たくない自分」から 逃げ続けているだけだからです。 広々と飾られた家族写真や、花々が咲く美しい庭を眺めていると、なんとも居心地のよい気分を味わえることでしょう。

茨木のり子「自分の感受性くらい」① 他人を批判するということ

これは作者だけではなく、当時の多くの青年たちの正直な感情(というより感覚)だったのではないだろうか。 この朗読を聴いて、ガツンと一発殴られたような気がした。

「自分の感受性くらい」茨木のり子

社会がどうなろうと、そこで上手くやれなかった「個人」の問題にすりかえられる。 誰のためでもない、自分のためなのです。 著者 出版日 自身の戦争体験を綴った詩もたいへん有名で、これまで多くの人に読まれてきました。

茨木のり子さんの詩に学ぶ『自分の感受性くらい』

自分の感情の変化はもちろん、なるべくいろんな人の感情を受け取ろう。 外資系コンサルが実践する 資料作成の基本 パワーポイント、ワード、エクセルを使い分[…]• 「つまらない」「わかってくれない」「私は悪くありません」。

9