ももクロ百田、初めてヒロイン役を務める映画『すくってごらん』主題歌を担当

また、中盤、ひとりピアノを弾く吉乃を映し出すしっとりとしたシーンから繋がる、電話ボックスの中にいる吉乃を、香芝が外から見つめる場面では、赤や青のライトを使った照明からなる揺らめく映像や、水を使った表現など、香芝の夢の中を覗き見た気分にさせられる。 一方、百田さんは「気づかないうちに百田夏菜子の要素が出ていると指摘されることもあり、そのおかげでどういうふうに歌うと私っぽく聞こえるか自覚することができました」と言い、「私らしさをすべて削ぎ落として歌ったときに出る声を聞いていただきたいです」と話している。 3月3日の「金魚の日」を目前に、「アートアクアリウム美術館」と映画「すくってごらん」がコラボレーションし、金魚文化が花開いた日本橋の地から金魚の美しさや癒しを皆様にお届けします。

16

尾上松也 初主演映画「すくってごらん」で知った「待つこと」の重要性 私生活にも変化が― スポニチ Sponichi Annex 芸能

トークは尾上さん、百田さん、石田のお互いの印象についての話題に、、、 尾上さんは2人の印象について、「百田さんはすごく切り替えがはっきりされていて、撮影の合間はフランクにお話しするんですけど、撮影が始まった瞬間にスイッチが切り替わったりして、そういう意味では現場を明るくもしてくれるし、役として世界に引き込んでくれた印象がありました。 常に柔らかな空気をまとって登場する王寺昇役の柿澤勇人は、中盤、ピアノ弾き語りに加え、華麗なダンスを披露し、劇団四季出身のミュージカルスター・柿澤への期待に十二分に応える。

百田夏菜子のピアノ演奏シーンも登場する『すくってごらん』TVCM

こんな時だからこそ、映画館で見て明るい気持ちになってほしい」と自信たっぷり。

『すくってごらん』尾上松也&百田夏菜⼦、真壁監督出演! 公開直前生配信イベントが開催決定!!

百田は「ミステリアスな女性という役でお話をいただいたとき、『それは私なのか……?』と不安になったんですけど、台本を読んだだけではまったく想像ができなかった『すくってごらん』の世界に飛び込んでみたいなと思いましたし、飛び込んでみて本当によかったなと思っています」と本作のヒロインのオファーを受けたときの心境を振り返ったほか、尾上の印象を聞かれて「連日の撮影で少しずつお話をさせていただくうちに、すごく気さくな方だなと感じました」と回答。

すくってごらん : 作品情報

あと金魚すくいの紙は破れても終わりではない。 気づかれないようにいかに見るかっていう(笑)ずーっと見てました」と明かしました。 かわいさの宝箱みたいで、すごく癒やされました」とテンション高めにべた褒めした。

6

すくってごらん

奈良を舞台に、金魚すくいと2人の恋心を描いた新感覚ポップエンターテインメント 【あらすじ】 人生から外れ、荒んだ気持ちを抱え左遷の地にやって来たエリート銀行マンの主人公・香芝誠。

9

『すくってごらん(1)』(大谷 紀子)|講談社コミックプラス

2021年製作/92分/G/日本 配給:ギグリーボックス スタッフ・キャスト. これを受け、尾上は「っていう流れを延々にやっていて。

3